企業版団信が生まれたストーリー

企業版団信が生まれたストーリー

【企業版団信】を世の中に広めようと決意したストーリー

※このストーリーはすべて実話です。

絶対に忘れられない2人の社長

ー そのころ彼は、毎晩寝るまえに、ある2人のことを思い出していた…

自分が情けなくて、悔しくて、やるせない気持ちでいっぱいだった。

なんて僕は無力なんだ。人に何かを与える力なんて微塵もない。自分が生きている価値なんてあるのか…

そんなことさえ思っていた。

ある2人のひとりとは、彼が銀行員時代に担当していた取引先の社長。

彼が銀行員3年目ではじめて営業に出ることになったときのこと。

それまでは事務員として淡々と仕事をこなしていた。

可もなく不可もなく平凡なサラリーマンだった。

まだまだ半人前の彼だったが3年目を迎えたある日、ついに営業担当に抜擢されたのだ。

彼は、普段あまり感情を表に出さないタイプで、一見やる気のなさそうな雰囲気もある。

しかし、じつは根っからの負けず嫌い。

そう。彼はひそかに営業という「競争の世界」を、不安になりつつも楽しみにしていたのだ。

ところが、そんな前向きな気持ちも一瞬で消え去った。

それは、この出来事がきっかけだった。

衝撃の営業デビュー

営業の先輩から、ある会社を引き継ぐことになったときのこと。

先輩からこんなことを言われた。

「この会社の社長は、すぐ怒る社長でトラブルになりやすいから注意しろよ。あまり無理に訪問したりセールスしなくていいからな。」と、そっと距離をとるように命じられた。

なぜ、そんなことをしなければいけないのかわからなかったので彼は先輩に聞いてみた。

「そんなヤバイ社長なんですか?何かあったんですか?」と。

先輩は、あまり言いたくなさそうな感じだったが、重い口を開いた。

「この社長から融資の話をいただいた時、オレが二つ返事で『大丈夫です!ぜひ融資させてください!』って言ったんだけど、そのあと結局断ることになっちゃって…。社長に謝りに行ったとき『オレの目の前で首をつって詫びろ』って言われたほど社長は激怒しちゃったんだ。完全にオレが悪かったんだけど…。」

その話を聞いて、彼は急に身体に力が入らなくなった。

営業ってよくまだわからないけど、そんなに恐ろしいものなのか?

ビビリ症の自分には、とてもじゃないけど営業は務まらないんじゃないか?

他の社長もそんな社長ばかりだったら、心がもつ気がしない…

先輩たちは、みんな辛そうな顔しているし…

営業をはじめる前から彼は完全に心が萎えていた。

ほどなくして先輩との、引継ぎの挨拶まわりも一通り終えた。

その後、彼はひとりで改めて担当する会社に挨拶しに行くことになった。

そして数日後、ついに、例のトラブル先へ行くことになった。

​社長との初対面

「こんにちは!改めてご挨拶に伺いました。社長はいらっしゃいますか?」

彼は内心ビビリながらも、社長と初面談することになった。

彼はカラスに囲まれた子猫のような気分だった。

完全ド・アウェイの空気。

ののしられること間違いなしの予感。

緊張から異様にトイレが近くなる…

もうさっさと帰りたい…もう逃げ出したい…

そんな心境だった。

しかし、彼が想像していたものとは全く違った。

社長は笑顔で「わざわざ来てくれてありがとう。こっちに来て!」と言って、社長室に招いてくれた。​

ただ彼は…

そんな嘘っぽい笑顔には騙されないぞ。気を抜かせておいて、あとでシバいてくる作戦だな…と勘ぐり、緊張を解かなかった。

そして恐る恐る社長室に入った。

「あぁ、この部屋が、例の先輩が激怒された部屋か…」

彼は、奥のイスに身体をちぢこませながら腰掛けた。

彼は心臓が口から出そうになりながらも、必死に話した。

営業初体験であること、出身地のことなど、簡単な自己紹介と挨拶をした。

すると、ついに、強面の社長が口を開き、話し始めた…

彼はつばを飲み込み、そして念のため歯を食いしばり、全身に力をいれた。

社長は開口いちばん…

「自然は好きですか?」と質問してきた。

なんでやねん!(笑)

彼は拍子抜けしてしまった…

その後も社長は、小一時間ほど昔の武勇伝や家族のこと、従業員さんの話をしてくれた。

なぁーんだ。とんだ見当違いだった。

社長は、前回の融資のトラブルのことなど何も感じておらず、とても気さくな良い人だった。

公私ともにお付き合い。でも…

​それからというもの、彼は社長の奥さんや従業員さんとも親交を深め、仲良くなっていった。​

半年経過したとき、なぜ風向きが変わったのかわからないが、社長はメイン銀行を彼の銀行へ切り替えてくれたり、会社のイベントに招待してくれるなど、とても彼を可愛がってくれた。

本当は、とっても優しい社長だった。

家族や従業員さん想いの心あたたかい社長だった。

彼も、だんだんと社長が好きになっていった。

でも・・・

3年後に、社長が自殺してしまった。

その事実を知ったとき、彼はもう銀行を辞め、別の仕事をしていた。

まさかウソだろ、人違いだろ、と思った。

彼は到底信じることができなかった。

しかし会社に行っても入口は閉鎖されているし、ニュースを見ても社長の名前が載っていた。

事実はくつがえらなかった…

風のウワサによると、ここ1、2年事業がうまくいってなかったと聞いた。

資金繰りが厳しかったようだ。

「…もし本当にそうだったとしたら、なぜ自分に相談してもらえなかったのか?」

「…なぜ、自分はあれから挨拶に行かなかったのか?」

「…自分に何かできることは無かったのか?」

そんなことを毎晩考えては…

不甲斐なさを痛感していた。

2人目の社長

あるもう1人も、彼が銀行員時代に知り合った社長だった。

でも彼が転職してからも、その社長との付き合いはあった。

その会社もあまり上手くいってなかった。

借金ばかりが増え、一向に出口が見えない状況。

「これから会社をどう立て直そうか…」

そんな話を、彼と社長はしていた。

​企業版団信との出会い

そんな時、彼は「企業版団信」に出会った。

偶然の出来事だった。彼の転職先は、保険業界だったからだ。

ある日、保険会社の社員が、銀行に個人向けの「団信」があることを話してくれた。

そして銀行の「団信」に代わるものが、実は保険会社にもあることを教えてくれた。

彼は「もしかすると、この団信は個人だけじゃなくて企業にも使えるかもしれない…」と考えた。

それからというもの、来る日も来る日も企業の団信について研究した。

彼は銀行員を経験していたから、ある程度は「企業版団信」について理解していた。

そして1ヵ月ほどしたある日、彼は決定的なことを発見した。

まったく世の中に普及していない…」

その後もなぜ普及していないのか。

普及していないことによる問題や課題を解いていった。

まもなく彼は確信した…

これは世の中にもっと広がらなければマズい商品だと…

“普及させないと悲惨になる会社や家族が増えてしまう”と。

企業版団信の提案

​それを発見してから彼は、すぐに2人目の社長と奥さんに、商品のこと、入るべき理由などを伝えた。

すると、すぐに2人は「企業版団信に入りたい!」と言ってくれた。

「良かった…これで一家族を助けることができる…」

彼は自分の考えを元に、人助けできることがとても嬉しかった。

彼は書類を準備してまた出向くことを伝えて、社長たちと別れた。

そして1週間後、彼は約束通り、再び会社をおとずれた。

映画のような展開

玄関から奥さんが出てきた。

彼が「あれ?社長はどうされました?」と聞くと、

奥さんは「ごめんね。あのひと約束を忘れて現場行っちゃったのよ。」と言った。

「あぁ…それじゃあ仕方ないですね。では、また出直しますね。社長に、ぼくが来たことを伝えておいてください。」と言って、彼は帰宅した。

すると、その夜、彼の携帯電話が鳴った。

昼間の奥さんからだった。

「どうされましたか?次のアポのご連絡ですか?」と聞くと、奥さんは…

「それが…あのあと旦那が現場で倒れちゃって…。脳梗塞で…今夜がヤマかもしれない」と話してくれた。

社長は運動好きで、毎週のように体を動かしていた。

スポーツマンの彼から見ても、健康的な人だった。

その社長がまさか…

その後、社長は一命をとりとめたが、身体に麻痺が残ってしまった。

もう今まで通りの仕事はできない状態だった。

会社の借入はどうにか自己資金で清算し、会社を従業員に譲り渡した。

もう少し早く企業版団信を案内して入ってもらっていれば…

保険金で会社の借金を返済して、違う形で会社を残すこともできたのに…

生活費も保険で助けることができたのに…

「…なぜ自分はもっと危機感を持って接することができなかったのか?」

「…なぜもっとスピーディーに対応しなかったのか?」

彼は社長たちに、申し訳ない気持ちでいっぱいだった…

本当に悔しかった…

映画を見ているようで、本当は現実じゃないんじゃないか、とも思った…

​大きな2つの後悔

彼は人生で、2つの大きな後悔を経験した。

それから彼は、本気で「企業版団信」について考えた。

「なぜこの企業版団信を広めたいのか?」

「商売のためか?」

「人生をかけて何をやりたいんだ?」

「世の中になにを発信したいんだ?」と問い続けた。

企業版団信を通して壮大な成功は、出来ないかもしれない…

でも、自分が経験した辛い過去を教訓として、一人でも多くの社長や会社、家族、従業員さんのために伝えられることはある。

目の前にいる社長に、本気で企業版団信を伝える。

意義を伝える。

それはできる。

まずは自分に出来ることから始めよう。

彼は、そう思った。

それから彼は、その想いを胸に行動を起こした。

すると、少しずつではあるが、共感や賛同をしてくれる社長、企業版団信に加入しファンになってくれる社長が増えていった。

ファンになってくれた社長が、他の社長に宣伝して紹介もしてくれた。

​嬉しかった。

彼は改めてこう想った。

少しずつでもいいから、企業版団信を世の中のために広げたい。

辛い経験を通して示してくれた、社長2人のためにも…

全国の小規模企業をサポートしたい

その後、彼は独立した。

自分の足で人生を歩むことを決めた。

先日、彼にインタビューをしてみた。

「あなたはこれからビジネスを通して、どんなことを世の中にもたらしたいですか?」と。

すると、彼はこう答えてくれた。

「僕は『企業版団信』を皆さんに広く伝えて、入っていただき、会社や家族、従業員さんを守るためだけに入っていただくつもりはありません。それだけでは僕が経験した一人目の社長のように、最悪の決断をしてしまう社長を救うことはできないからです」と。

インタビュアーは、続けてこう質問した。

「では、他にどんな方法をお考えなのでしょうか?」

彼は、こう答えてくれた。

「僕がやりたいビジネスは、資金繰り改善の知識を活かして、資金繰りに苦しんでいる会社の再生を微力ながらお手伝いすること。それに付随する形で『企業版団信』に加入していただくことです。世の中の90%以上の企業は、同族会社の小規模企業です。小規模企業は社長の依存度や影響力が大きいため、社長が倒れて働けなくなってしまったり、万一亡くなってしまったときは、そこでビジネスが終了してしまいます。そんな最悪な事態のときでも、残された家族や従業員、取引先に迷惑をかけないため、助けるためにも『企業版団信』は必須なんです。だから僕は “資金繰り改善”“企業版団信” を使って、世の中を少しでも向上させたいんです」と。

これが彼(=根本寛也)の企業版団信が生まれたストーリーであり、彼の存在意義である。

資金繰り改善×企業版団信

根本寛也

企業版団信の資料をダウンロード

無料ダウンロード(入力フォームを開く)

企業版団信資料を次の宛先に送信します。

タイトルとURLをコピーしました