どうすれば借入できますか?

どうすれば借入できますか?

どうすれば借入できますか?

ってよく質問されます。

そういうときは、優しく丁寧に手段・やり方をお伝えします。

多くの社長は、資金ショートしそうになったとき借入を考えます。

もちろん、これはこれでOKなのですが、、、

しかしこれでは根本的に金回りは良くなりません。

先日、「処置」と「対策」という言葉を使って、いい話をされていた方がいました。

こんな話でした。

例えば、床にクギが刺さっていて、クギにつまづいてすり傷を負った。

このとき、傷口に絆創膏を貼るのが「処置」。

根本的な問題である床のクギを抜いてしまうのが「対策」。

この話しを引用するのであれば、金回りにとって借入は「処置」です。

金詰まりを起こしている根本的な問題を対処・解決するのが「対策」です。

残念ながら、ほとんどの会社は、「処置」にしか目が行きません。

それでは、半永久的に金回りは良くなりません。

自社にとってのリスクを低いうちから「対策」してください。

対策には時間もかかります。

そして借入に頼ることなく、金回りをよくできるように目指しましょう。

ー根本寛也

コメント

タイトルとURLをコピーしました