銀行はお客さんの味方ではありません。

銀行はお客さんの味方ではありません。

残念ながら、、、

銀行は、お客さんの味方ではありません。

現役銀行員の方が言っていました(汗)

自分たちは顧客本位どころか、銀行本位なことをしているって。

お客さんが損をするのをわかっているけど、目をつぶって手続きさせてるって。

自覚をしているけど、会社命令でやらざるを得ないって。

可哀想ですね。

こないだ、某テレビ番組でも暴露されたらしいです。

銀行がお客さんの利益を考えず、銀行の利益になるようなことばかりしていると。

銀行も、生き残りをかけて必死なんでしょうね。

お客さんを傷つけてでも、ノルマを達成しないといけないんでしょうね。

私も銀行員のとき、経験しているのでわかります。

ノルマが大きすぎて、精神的にしんどいことは。

でもそんなこと、お客さんは知ったこっちゃないですからね。

お互い利益になるような提案をしないと、長いお付き合いはできないですよ。

お客さんであるあなたは、気をつけて下さいね。

本当に自分にとって、利益のある提案をしてくれているか、吟味して下さいね。

最終的に痛い目にあってしまうのは、あなたですから。

借入中毒に気をつけてください

銀行員の融資提案を深く考えることもせず借入して、いま資金繰りに困窮している会社があります。

たくさんあります。

借入中毒になっている会社に、銀行も貸しちゃダメです。

お金を貸す代わりに、資金繰りを改善する情報やアイデアを与えないと。

銀行は、保証協会や担保をとっているので、万が一焦げ付いても痛くもかゆくもありません。

痛い目にあうのは、お客さんです。

少しでも、ケガをしそうな予感がしたら、連絡ください。

代わりに吟味しますから。

ー根本寛也

コメント

タイトルとURLをコピーしました