【原理原則】意外と実践できない、ちょうちん経営とは?

【原理原則】意外と実践できない、ちょうちん経営とは?

先日、某ビジネス番組で「ちょうちん経営」という言葉がありました。

ちょうちん経営とは、その時の業況に合わせ、会社規模の縮小・拡大をさせることです。

金詰まりする企業の1番多い理由は、売上減少です。

売上減少により、収支のバランスが崩れることが多いです。

この時に、ちょうちん経営を断行できれば潰れることはありません。

つまり、固定費の削減や資産の圧縮です。

これをできる企業は少ないです。

理論的にいえば、これが出来れば潰れません。

起業した当時は、資産やリソースは少ないはずです。

その中で、売上・利益を出し、少しずつ拡大していったのであれば、その逆をやればいいのです。

これをやるには、決断が必要です。

嫌なこともしなければいけないからです。

経営者がまず考えなければいけないことは、会社を潰さないことです。

潰さないためには、辛いことも断行しなければなりません。

厳しいときこそ、ちょうちん経営。

実際、ウチのクライアントさんは、ちょうちん経営を断行したことにより、V字回復・U字回復どころか、Ⅰ字回復しています。

ー根本寛也

コメント

タイトルとURLをコピーしました